記ゃなぴ〜

むしポケモンではありません

もわもわ -2018年度定演2

定演2、おつかれさま!でした!!!

3次会終わって帰ってから、体感で24時間くらい寝ました。

疲れたけどもそれだけ密度の濃いライブだったのだなあ

定演委員のよっぺ、先代のいのちゃんをはじめ、みなさん本当にお疲れさまです。

互いが互いの演奏を楽しめる、とってもいいライブだったんじゃないかなと思います

タイトルは芸館の音のイメージです。恥ずかしながら、4年にして初めて芸館の難しさの本質?みたいなものがわかりました…笑

 

じゃあ僭越ながら、自分のバンドの感想を

 

 

 

★Takama meets Chanaco (THE BOY MEETS GIRLS)

 

コピー元、ボーイミーツガールって読むけど、実はボーイミーツガール「ズ」なんですよね。

ハーレムだ…って話をたまみずがしていた気がする。

わたしも実はChanaco(チャナコ)じゃなくてKyanako(キャナコ)です。キャメルとかでもありません。

 

ようやくたかまとミーツできました!たかまとバンドを組むのは初めてです。

たけぴよがブログに「さすが4年生3人だ…」みたいなことを書いてくれていたけど、実際はめちゃくちゃゆる~い雰囲気の練習でした(笑)

結構ぎりぎりまで「このバンド大丈夫かな…」と思っていたけど、リハをいただけたこともあり緊張せずに実力が出せたのではないかなと思います、たぶん!

 

2曲目ではぶりぶりした音が出したくて、たけぴよに借りたBOSSのベースドライバー(とてもよいエフェクター)を一部踏んでいました。

曲中でエフェクターを踏んだ経験がなさすぎて、10回やったら7回くらいはタイミング失敗してたと思います…メンバーには迷惑かけて申し訳ない…

慣れないエフェクターで音作りするのは難しいな。慣れていたって難しいんですけど。

もっと個人錬取らなきゃな、という気持ちです

あとリズム隊錬も取れていたら、もう一段高いレベルの演奏ができていた気がします。

たまみずとは何度も何度も組んでるんですけど、毎度全然違うジャンルのバンドをやってるんですよね。

安心感あるから大丈夫だろ!では終わらせられない譜面だったな…

ボイガル、難しいです。学祭もたのしみだ~

 

1.サマーパラソル

2.アイスクリームポップスター

 

 

★KEYSEARCH(KEYTALK

 

久しぶりのKEYTALK

去年の定演2、他のバンドで出演したのですが客席との距離が普段よりも遠くて「盛り上げるのって難しいな」って思った記憶がありました。

今年も覚悟せねば…と思って臨んだのですが、想定以上に盛り上がってくれてすごく嬉しかったです。

4女がちらほらMABOROSHI SUMMERのダンスを頑張ってくれている姿が見えて、うっかり笑ってしまいました。

2曲目が印象に残ってくれたみたいです。実は2年前のサマコンでも私だけおんなじ曲やってるんだよね。

本家はあれにキーボードと合いの手がたくさん入って、さらにカオスなんですよ…

 

このバンドはなかなか予定が合いませんでしたね

防音室+外スタで4時間、短期集中型で頑張りました。

気づいたことを言ったら次の合わせですぐに改善してくれるメンバーばかりだったので、練習が非常に進めやすかったです。

掛け合いとか、ベースボーカルとか、リードがばかムズいとか、キャッチーな割に合わせづらい要素満載なんですよKEYTALK

そんな中でも今までで一番満足のいく出来だったんじゃないかな、まだまだ改善点はたくさんありますが…本番緊張しちゃうところとか…(笑)

 

バンドの話じゃないんですけど、本番中マイクががんがん歯に当たってかなり歌いづらかったです。

これは私のマイクのセッティングがへたくそなのか?それとも出っ歯が過ぎるのか?

どうにかしたいところです。

 

1.MABOROSHI SUMMER

2.YURAMEKI SUMMER

 

 

★くせものがかり(いきものがかり

 

いいセトリだっただろ!まずそこは自信持って言えます。

いきものがかりは曲の幅が広いんで、しっとりさせたり盛り上げたり緩急のある曲選びがしやすいんですよね。

2曲目は特にメンバーが気に入ってる曲でした。某JOYの曲の次くらいにライブで演奏してるんじゃないだろうか。

くららが髪振り乱して歌い、雰囲気作りをしてくれました。私もそれに引っ張られて「呪い殺したろ!」くらいの気持ちでコーラス頑張りました。

 

くせものは予定が揃わないことに定評があるバンドなのですが、今回は今までで一番練習時間取れたんじゃないかな…

しっかり時間が取れたこともあって、いつも以上にアレンジに時間をかけられた気がしています。

特に3曲目、キーボードはなくてハーモニカが前面に出てくる曲なんですよ。

ライブ映像を参考にしてみたけ大先生がキーボパートを作ってくれました。感謝。

 

ただやっぱり音作りが難しかったですね…芸館だから、ということではなく毎回なんですけど。

4人でいきものがかりをコピーするのは簡単じゃないです。

練習中「もっとくららの歌をメインにしたい」みたいな話があって、私はその時はピンとこなかったんですけど

本番終わってみてなんとなく言っていた意味が分かった気がしました。

原曲から再現できないパートを引き算していくよりも、歌を基準にしてそこから足し算していく方がいいのかな。

あと2回の出番、まだまだ成長したいです。

 

1.月とあたしと冷蔵庫

2.くちづけ

3.ホットミルク

 

 

後輩たちのブログ読んでて「他のバンドの感想書くのしんどい」って気持ちめっちゃわかる!!!って思ってました。

なぜ自分が?って気持ちになっちゃうんですよね。

実際誰かのブログ読んでて「なんでこいつが」なんて全然思うことないんですけど…いざ自分がするとなるとなぜかツラくなっちゃうんですよね。

だから、というわけではありませんが、今日はちょっと違う話をします。

 

今回のライブ、結構ベースの音を褒めていただけることが多くてすごく嬉しかったんですけど

それって100%自分の力によるものだったかって言われると全くそんなことはなくて、

音出しのときにベースの音を聞いててくれてる同期・後輩の影響がすごくあったんじゃないかと思うんですよね

今回慣れない芸館だったからというのもあるのかもしれませんが、お互いの音をすごくよく聞いて先輩後輩に関わらずアドバイスしあえているのがすごくいいなと思いました

芸館じゃないステージでも積極的にそういうことができるといいな

部室とかに溜まっておしゃべりするのって一見無意味なようですけど、ライブとか大事な時に意見を言い合える関係を作る場としてはすごく大切なのかなって思いました

もちろんライブだけじゃなくて、部署のお仕事とかでもそうだよね

忌憚なく思ったことを言っても嫌な感じがしない関係性を作れるかどうかって、実は仕事ができるできないよりも大事なんじゃないでしょうか

 

 

なんか重い話になっちゃったな!あひゃー

そうだ!デザインあ展、わたしも気になってます!ぜひ行ってみたい~

夏休みも気づけば1か月ちょいですね。あっというま。

残り少ない学生最後の夏、めいっぱい遊びたいと思ってるのでぜひいろんなところに行きましょう!それでは!